• RICHO | imagine. change.
  • リコーインダストリー株式会社

    RECRUIT 2020

PERSON | 社員と仕事

収益向上に貢献する
技術者として活躍したい。

プリンティング生産事業部

古屋 喜芳

Kiyoshi Furuya

2015年入社 工学研究科電気工学専攻

  • 学生時代に学んだこと

    大学の電気情報学科で学んだあと、大学院で環境電磁工学を専攻し、Hillテーパ線路型コニカルモノポールアンテナの実験的検討について研究を進めました。難しい名称ですが、静電気が他の機器にどんな影響を与えるかという研究です。

  • この会社を選んだ理由

    ものづくりの環境が整っている当社であれば、自分の学んできた専門知識を活かしながら、ものづくりに携われると思い志望しました。充実した福利厚生や、先に入社した先輩から聞いた仕事内容も、私に合っていると感じました。

  • 担当業務・ミッション

    複写機の中間転写ベルトというキーパーツを扱う部署に所属しています。中間転写ベルトはトナーを乗せて紙に転写する“像”をつくる非常に重要な部品で、グループの業務は、このベルトの生産準備や品質改善に関するものです。その中で私は、ベルトの処方検討や加工性を見極める試作に取り組んでいます。材料の探索・選定、処方組み合わせなど、処方完了までの試作対応や量産に向けた条件設定までが私の担当です。

img
  • 仕事の面白さ、難しさ

    仕事を面白くするのは自分次第だと思います。上司や先輩から与えられた仕事を、ただ言われた通りに実行しているだけでは、仕事の面白さを感じることはできません。私自身、3年目のときに、ある分析業務を自分がやるしかないと判断して指示を待たずに業務に取り組んだことがあります。自分で何が必要かを主体的に考え、実行することが、仕事の面白さや楽しさをつくると思います。

  • 職場について

    業務のほとんどがチームでの仕事です。生産準備も自分の部署だけでは成り立たず、開発区、生産管理区、製造区などと連携し、協力することが重要になります。以前、新たな量産ラインを立ち上げるとき、関連部署を考慮した先輩の業務を間近に見て、その重要性を再認識しました。他部署との調整は苦労することもありますが、幅広い人と関わることができ、それが生産準備という仕事の魅力だと思います。

img
  • 会社について

    リコーインダストリーは部署間やグループ会社などの垣根を越え、一丸となってものづくりに挑んでいる会社です。その工程において、開発・設計〜生産品質保証など連携を深めることで、業務フローの効率向上や、部品の高品質の維持が実現できているのではないかと思います。

  • これからの課題・目標

    他部署の機能や目標をしっかり把握して、必要に応じて他部署への働きかけや、協力要請、連携など、柔軟に対応できることを目標としていきたいと考えています。また、一人の技術者として開発から量産フォローまで幅広いものづくりのプロセスを経験し、量産を意識したキーパーツの処方・工法開発そして改善業務を進め、価値創出・利益貢献ができるようになりたいと思います。

グループリーダー 我妻 広幸

自分のテーマだけでなく部署の垣根を超えた改善業務などにも積極的に関わり、幅広い成果を上げています。部門の安全衛生委員代表(正)という役割も担い、複数の部署を取りまとめる中で安全や社内ルールに詳しくなり、人間関係もしっかりと構築できているようです。これからは後輩の育成にも取り組んでもらいますし、継続的にお客様貢献をしていくことで、組織価値・事業価値向上に繋がるような人材になってくれることを期待しています。