• RICHO | imagine. change.
  • リコーインダストリー株式会社

    RECRUIT 2020

PERSON | 社員と仕事

データ解析の第一人者を
目指して歩む。

IJ生産事業部 IJ生産センター
IJ生産技術室

飛田 悠貴

Yuki Tobita

2018年入社 理工学研究科機械工学専攻

  • 学生時代に学んだこと

    大学、大学院で機械工学を学び、鉄道関係の研究をしていました。大学ではシミュレーションソフトを使用して鉄道車両の様々なパラメータの変更を行い、どのような条件の時に脱線するのかを考察していました。大学院では鉄道車両に慣性センサを載せ、そこから速度を推定するという研究を進めていました。

  • この会社を選んだ理由

    幅広く学べる会社だと考えたからです。設計だけでなくプログラムの部署もあり、3Dプリンターなど最新技術を扱っていることも魅力に感じました。また、やりたいことが自分から進んでできる会社であり、筋が通っていれば新しいことにどんどんチャレンジできると聞いたことも志望理由でした。

  • 担当業務・ミッション

    チームはインクジェットヘッドの一部品であるアクチュエータを扱っています。アクチュエータは、インクを噴出する非常に微細な部品で、その性能は印刷精度に直結します。品質向上を目指して加工機から様々なデータを取得、そのデータを解析して、品質に関わる因子を見つけ出し、工程改善を進めるというのが担当業務です。

img
  • 仕事の面白さ、難しさ

    現在私は主にデータ解析を行う担当で、膨大なデータを整理しながらデータの紐づけ方法の検討をしています。今後はデータ解析をおこない、品質に影響を及ぼす因子の特定を進めていく計画です。インクジェットの生産現場において加工機からデータを取得して解析を行うのは新たな試みであり、知見が少なく難しい部分が多いのですが、品質向上に結び付く内容であるのでやりがいを感じます。

  • 職場について

    お互いに分からないことがあればすぐに聞く、という連携がチーム内にも部署間にもあります。質問しやすい雰囲気もあり、年齢や立場を越えて、聞けば誰でも丁寧に教えてくれます。会議でも『飛田はどう思う?』と積極的に発言の機会をもらっています。また、学ぶ機会は充実していて、自分で本や資料を読むのはもちろんですが、社内研修もいろいろあり、興味のあるものは積極的に受講しています。

img
  • 会社について

    意見が言いやすい雰囲気があります。普段の業務時、会議などの場において、立場、年齢を問わずに意見を出し合うことができていると感じます。若手社員の意見から仕事が進むという場面もあり、そこが当社の魅力のひとつだと思います。

  • これからの課題・目標

    アクチュエータ部品の良品率、品質の向上に結び付けられるような結果を得るために、データ解析技術の向上に努めたいと考えています。将来的には、インクジェットの生産現場のすべての工程で数多くのデータを取得し、そのデータを解析することで、高品質で安定した製品製造ができる条件などの設定がおこなえるようになりたいと思っています。

グループリーダー 黒澤 信広

先輩や関係部署の人たちとすぐに打ち解けて、スムーズに業務に入って行けるのが彼の強み。わからないこともそのままにせず、積極的に質問して確実に仕事を進めています。彼がいま取り組んでいる製造工程のデジタル化は、これからのリコーのものづくりの基幹技術となるものです。二つの事業所を往復する毎日で大変そうですが、広い視野を持ちながら、自分が実現したい姿を常に思い描いて、業務に当たってほしいと思います。